画像転載禁止


講談社 テレビマガジン1979年5月号

1979年3月31日に発売されたテレビマガジン1979年5月号にて、RX-78ガンダムの頭が掲載された。
メモ テレビマガジン1979年6月号の191ページ、193ページ、195ページ、197ページ、199ページにも掲載された。

kodansha tv magazine 1979 05 01

成井紀郎が描いた。目の下にある赤い部分は省いている。
メモ 成井紀郎が描いたデフォルメのロボットは、同誌1977年5月号から12月号まで連載したゴーゴー悟空同誌1977年2月号の表紙同誌1977年7月号同誌1978年2月号、等がある。

kodansha tv magazine 1979 04 02

ちなみにテレビマガジン1979年4月号にてガンダムの記事が初掲載されたが、この時点はデフォルメのモビルスーツは掲載されていない。
メモ アニメの機動戦士ガンダムは、1979年4月7日に第1話が放送された。
メモ 同社が出版したたのしい幼稚園1979年5月号にて、機動戦士ガンダムの漫画が掲載された。森藤よしひろが描いた。


講談社 テレビマガジン1979年6月号

1979年5月1日に発売されたテレビマガジン1979年6月号にて、デフォルメのRX-78ガンダムが掲載された。

kodansha tv magazine 1979 06 01

成井紀郎が描いた。人型のロボットを3頭身前後にする場合に各関節や体の凹凸ディテールをどうするかが問題になるが、服を描いて解決している。

そして同ページの下側にて、RX-78ガンダムの頭が掲載された。

kodansha tv magazine 1979 06 02

成井紀郎が描いた。


クローバー 機動戦士ガンダム5セット

1979年または1980年に発売された機動戦士ガンダム5セットのカードの1枚に、ぬいぐるみ的なRX-78ガンダムが掲載された。

絵を描いた人は分からない。


集英社 週刊少年ジャンプ1981年6月22日号

1981年6月9日に発売された週刊少年ジャンプ1981年6月22日号No.28のドクタースランプにて、デフォルメのズゴックが掲載された。
メモ ジャンプコミックスでは第6巻にて掲載された。

shueisha weekly shonen jump 1981 06 22

鳥山明が描いた。2000年にバンダイから発売されたSDガンダムGジェネレーションのズゴックに近いバランスになっている。


集英社 週刊少年ジャンプ1981年8月31日号

1981年8月18日に発売された週刊少年ジャンプ1981年8月31日号No.38のドクタースランプにて、デフォルメのザクとドムが掲載された。
メモ ジャンプコミックスでは第7巻、文庫では第4巻、電子書籍では第4巻にて掲載された。

shueisha weekly shonen jump 1981 08 31 01

shueisha weekly shonen jump 1981 08 31 02

鳥山明が描いた。様々なキャラクターを極端に縮めて丸っこいデフォルメにしているが、ザクとドムは無難なスタイルにしている。


小学館 別冊コロコロコミック1981年 第4号

1981年10月1日に発売された別冊コロコロコミック1981年第4号の超人キンタマンにて、オガンダムが掲載された。

立石佳太が描いた。オガンダムの人間的な表情は、成井紀郎または真樹村正から着想を得ていることが考えられる。

小学館 別冊コロコロコミック1982年 第8号01

1982年6月1日に発売された別冊コロコロコミック1982年第8号にて、RX-78ガンダムのプラモデルをオガンダムに改造した記事が掲載された。1/144の胴体に、1/60の頭を付けていた。
メモ 別冊コロコロコミック1982年第7号にて、電撃ラジコンハンターの第2話が掲載された。超合金のガンドムは、ガンダムに似ている。

2017年3月10日に発売されたコロコロ創刊伝説の第2巻にて、版権を取得していなかったオガンダムに対して、他の企業からクレームがあった件が掲載された。クレームした企業は創通エージェンシーだったのか日本サンライズだったのか記載していなかったが、講談社だったことが小学館のウェブサイトにて明かされた。


松竹 機動戦士ガンダムIIIめぐりあい宇宙編パンフレット

1982年3月13日に機動戦士ガンダムIIIめぐりあい宇宙編が公開されて、パンフレットにてデフォルメのモビルスーツが掲載された。
メモ 1981年7月11日に機動戦士ガンダムII哀戦士編が公開されて、パンフレットにてアッガイが掲載された。設定画と比較すると、デフォルメはほとんどしていない。

機動戦士ガンダムIIIパンフレット01

RX-78ガンダムは、知吹愛弓が描いた。
メモ 知吹愛弓に問い合わせて、パンフレットにて記載している友吹愛弓というペンネームは誤植との情報を得た。

機動戦士ガンダムIIIパンフレット02

機動戦士ガンダムIIIパンフレット03

機動戦士ガンダムIIIパンフレット04

機動戦士ガンダムIIIパンフレット05

機動戦士ガンダムIIIパンフレット06

小さく掲載されたぬいぐるみ的なモビルスーツは、浪花愛が描いた。人型のロボットを3頭身前後にする場合に各関節や体の凹凸ディテールをどうするかが問題になるが、服を描いて解決している。
メモ 浪花愛に問い合わせて、情報を得た。


二見書房 機動戦士ガンダムプラモ改造法

1982年4月8日に発行された機動戦士ガンダムプラモ改造法にて、デフォルメのモビルスーツが掲載された。

機動戦士ガンダムプラモ改造法01

機動戦士ガンダムプラモ改造法02

機動戦士ガンダムプラモ改造法03

機動戦士ガンダムプラモ改造法04

絵を描いた人は分からない。ザクは、鳥山明が描いたザクに近いバランスになっている。


バンダイ模型 模型情報1982年10月号

1982年9月25日に発行された模型情報1982年10月号にて、デフォルメのRX-78ガンダムが掲載された。

bandai mokei jowhow 1982 10 01

同誌にてテクニカル・マニュアルを連載していたS.MABUCHIが描いたことが考えられる。


講談社 コミックボンボン1983年9月号

1983年8月15日に発売されたコミックボンボン1983年9月号にて、最新電子ゲーム必勝スクール燃えよガンダムが掲載された。

kodansha comic bombom 1983 09 04

kodansha comic bombom 1983 09 05

とや邦行が描いた。RX-78ガンダムの人間的な表情は、成井紀郎または真樹村正から着想を得ていることが考えられる。
メモ とや邦行ほしの竜一