画像転載禁止

1985年10月1日に発行された模型情報1985年10月号にて、バンダイのホビー事業部が開発したアーマードレディーのガンダムマークIIレディー、ゼータガンダムレディー、マクロスバルキリーレディーを1985年10月に発売するとの情報が掲載された。ツクダホビーが製造した1/12ジャンボフィギュアJr.シリーズから着想を得ていることが考えられ、未塗装のキットになっている。
メモ 1985年5月24日に第24回静岡プラスチックモデル見本市が開催されて、アーマードレディーが公開された。
メモ ガンダム神話ゼータガンプラ開発真話には、アーマードレディーのことは記載は無い。
メモ この2種類のMS少女で初めて、創通エージェンシーの版権が表示された。
メモ ホビー事業部が開発したラブリーギャルズコレクションのダーティペアも、1985年10月に発売された。
メモ ホビー事業部が小売店に配布した'86年バンダイ販売促進マニュアルにて、アーマードレディーとラブリーギャルズコレクションのダーティペアが掲載された。

bandai mokei jowhow 1985 12 01

1985年12月1日に発行された模型情報1985年12月号にて、ゼータガンダムレディーを1985年12月に発売するとの情報が掲載された。

フィギュアの原型は、ゼータガンダムレディーとマクロスバルキリーレディーは秋山徹郎が制作して、ガンダムマークIIレディーは伊藤宏之が制作した。

箱絵は、ときた洸一が描いた。ときた洸一は、この企画のキャラクターデザイナーとして起用されていたことをツイッターにて言及したが、フィギュアの原型を制作した秋山徹郎によると、バンダイの企画担当者のラフ絵を参考にして制作したような記憶があり、箱絵のような、しっかりとした表現物は記憶が無いとのことだった。この点から、ときた洸一は企画の初期段階には関わりは無く、製品の3体は、ときた洸一によるデザインではないことが考えられる。
メモ 秋山徹郎に問い合わせて、情報を得た。ときた洸一にも問い合わせたが、返答は得られなかった。
メモ マクロスバルキリーレディーは金型から抜きやすくする為に、原型の頬を削ってシャープな顔になった。ときた洸一が描いたマクロスバルキリーレディーの箱絵もシャープな顔になっていて、原型に合わせたことが考えられる。
メモ ゼータガンダムレディーの箱絵のみ、他の物が彩色した

ときた洸一は、ツイッターにて企画時の絵を公開した。