画像転載禁止

1981年8月18日に発売された週刊少年ジャンプ1981年8月31日号No.38にて、ザクとドムが登場するドクタースランプが掲載された。
メモ ジャンプコミックスでは第7巻文庫では第4巻電子書籍では第4巻にて掲載された。

shueisha weekly shonen jump 1981 08 31 01

作者の鳥山明は、様々なキャラクターを極端なデフォルメにしているが、モビルスーツは無難なデフォルメにしている。

shueisha weekly shonen jump 1981 08 31 02

人物や動物は極端なデフォルメにしても馴染むが、ごつくて硬質な人型ロボットは縮めれば縮めるほど関節が動かなくなる問題が生じる。

shueisha weekly shonen jump 1981 08 24 01

1981年8月11日に発売された週刊少年ジャンプ1981年8月24日号No.37にて、リブギコが登場するドクタースランプが掲載された。無難なデフォルメにしているが、それでも関節の可動範囲は無理があり、鳥山明はうまく誤魔化して描いている。
メモ この回では、ガンダムの頭も描いている。ジャンプコミックスでは第7巻文庫では第4巻電子書籍では第4巻にて掲載された。
メモ 週刊少年ジャンプ1980年5月19日号No.20にて、C-3POが描かれたドクタースランプが掲載された。極端なデフォルメにしている。
メモ 週刊少年ジャンプ1981年5月4日号No.21にて、キャラメルマン1号が登場するドクタースランプが掲載された。三ツ葉電機製作所が1966年に発売したミツバの鉄人28号ランプになんとなく雰囲気が似ている。
メモ 週刊少年ジャンプ1983年4月18日号No.18にて、キャラメルマン7号が登場するドクタースランプが掲載された。関節は蛇腹方式にして、股は鉄人28号タイプを改良して、可動の問題点を解消しようと苦心していることが分かる。