画像転載禁止

1988年12月以降、SDガンダムの企画に関わるバンダイのスタッフは、画伯、名人教授指導員等の肩書きが付けられるようになった。横井孝二は横井画伯になり、講談社の各出版物とバンダイの模型情報にて、その名称が使われた。

実在するスタッフに肩書きを付けることを発案したのは、超戦士ガンダム野郎の原作を担当した安井尚志だった。1988年12月15日に発売されたコミックボンボン1989年1月号にて超戦士ガンダム野郎の第1話が掲載されて、肩書きキャラクターがスタートした。

kodansha comic bombom 1991 05 01

コミックボンボン1991年5月号の超戦士ガンダム野郎にて、横井画伯というキャラクターが掲載された。この漫画によって、横井画伯という名称が当時の読者に深く記憶されたことが考えられる。コミックボンボンコミックスでは、第6巻にて掲載された。
メモ 講談社とバンダイが仕掛けた名称の為、仕掛けた側が通称 横井画伯という言葉を用いると印象操作になってしまう。通称という語には世間一般で呼ばれている名称という意味がある為、横井画伯という名称が大衆から広まった印象を与えてしまう。

kodansha comic bombom 1991 08 01

コミックボンボン1991年8月号の超戦士ガンダム野郎にて、小宮山指導員がMS少年的になる絵が掲載された。
メモ 小宮山指導員=バンダイ ホビー事業部の小宮山善一