画像転載禁止


ガシャポンからスタートしたSDガンダム

ガンダムに登場するモビルスーツを可愛くデフォルメしたSDガンダムシリーズは、30年以上続いているバンダイの人気ブランドになっている。最初のSDガンダム商品は、ガシャポンとして発売されたスーパーディフォルメガンダムワールドだった。

スーパーディフォルメガンダムワールドの企画時にデザイナーとして起用された横井孝二は、その時はまだ高校生だった。


インターネットが無かった時代の出来事

横井孝二は中学2年生の時からバンダイが発行していた模型情報の読者参加ページに、絵を投稿していた。

bandai mokei jowhow 1983 02 01

模型情報の編集をしていた加藤智に起用されるまでに、計9作品が掲載された。1981年11月号にてグフが掲載された時は13歳の中学2年生、1982年4月号にてズゴックが掲載された時は14歳の中学3年生、1982年5月号にてMS-06Rが掲載された時は14歳の中学3年生だった。
メモ 横井孝二の誕生日は1968年3月12日

bandai mokei jowhow 1982 03 01

1982年2月25日発行、模型情報1982年3月号にて、鉄人28号の絵が掲載された。この時は13歳の中学2年生だった。

bandai mokei jowhow 1983 01 02

1982年12月25日発行、模型情報1983年1月号にて、ザブングルの旧式ホバギーとレッグをデフォルメした絵が掲載された。この時は14歳の中学3年生だった。鳥山劣というペンネームの通り、人気漫画家の鳥山明の世界に馴染みそうな雰囲気にしている。

bandai mokei jowhow 1983 02 02

1983年1月25日発行、模型情報1983年2月号にて、ダンバインをデフォルメした絵が掲載された。この時は14歳の中学3年生だった。

bandai mokei jowhow 1983 06 01

1983年5月25日発行、模型情報1983年6月号にて、幻魔大戦のベガをデフォルメした絵が掲載された。この時は15歳の高校1年生だった。

bandai mokei jowhow 1983 07 02

1983年6月25日発行、模型情報1983年7月号にて、サブングルのギャロップとザクを組み合わせた絵が掲載された。この時は15歳の高校1年生だった。

bandai mokei jowhow 1983 12 01

1983年12月1日発行、模型情報1983年12月号にて、メカニコングをデフォルメした絵が掲載された。この時は15歳の高校1年生だった。

hobby japan 1983 01 01

横井孝二は、模型専門誌のホビージャパンにも投稿していた。1982年12月25日発売、ホビージャパン1983年1月号にて、映画のキャラクターをデフォルメした絵が掲載された。この時は14歳の中学3年生だった。
メモ 誌面には横井孝二の住所が記載されているが、現在は住宅は無い為、無加工で当ページに掲載した。

takara 3d journal no.3 01

横井孝二は、玩具メーカーのタカラにも自己PRをしていた。1984年2月20日に発行されたデュアルマガジン別冊3Dジャーナル第2号にてチョロQボトムズのプレゼントが行われたのだが、横井孝二が応募した葉書には絵が描いてあった為、1984年4月20日に発行された同誌第3号に掲載された。応募時は15歳の高校1年生、掲載時は16歳の高校2年生だった。
メモ 3Dジャーナルには、小出拓が描いたデフォルメロボットが掲載されていた。第2号に掲載されたガリアン、第4号にて掲載されたスコープドッグ等。
メモ タカラが発行した3Dジャーナルは、バンダイが発行した模型情報から着想を得ていることが考えられる。


静岡県の子会社で発行された模型情報

静岡県にあった株式会社バンダイ模型は、1969年に倒産した今井科学株式会社の清水工場と金型を取得して1971年5月に設立された、株式会社バンダイの子会社だった。

模型情報は、ガンダムのプラモデルのパッケージデザインや組立図を担当していたバンダイ模型のデザイン課が発行した月刊情報冊子で、同課に勤務していた加藤智を編集長にしていた。模型情報の誌面では編集部という呼称を使っていたが、編集作業は加藤智1人で行っていた。

bandai mokei jowhow 1983 04 01

1983年3月1日、バンダイ東京本社はバンダイ模型、バンダイ出版、ポピー、他4社を合併して、バンダイ模型はバンダイ静岡工場という名称になった。

1985年に安蒜利明が入社した時には、東京の新宿にあったバンダイの出版課も模型情報の編集部にしていたことを、北崎拓から情報を得た。

模型情報の裏表紙にて記載されている発行日は発売予定日という意味があり、発行日に発売されたか、数日違いで発売されたことが考えられる。


模型情報=バンダイ静岡工場デザイン課による起用

横井孝二は、杉原昌子と同時期に、模型情報に起用された。

bandai mokei jowhow 1984 03 03

1984年3月1日発行、模型情報1984年3月号にて、4コマ漫画の第1回目が掲載された。この時は15歳の高校1年生だった。


バンダイのポピー特機事業部による起用

スーパーディフォルメガンダムワールドを企画して、担当イラストレーターとして横井孝二を起用したのは、ポピー特機事業部にて企画開発担当をしていた佐々野雅哉だった。
メモ 佐々野雅哉がスーパーディフォルメガンダムワールドを企画した時に勤務した部署名は、模型情報1985年6月号と、当時のディスプレイカードを参考にした。ところで、佐々野雅哉がスーパーディフォルメガンダムワールドを企画した時に勤務した部署名が混乱している。佐々野雅哉に問い合わせると自販事業部、加藤智はインタビューでベンダー事業部、ガンダム神話は新規事業部販課としていて、これらは記憶違いが原因として考えられる。
メモ デザイン料を安くする為に、実験的に学生を起用したことも考えられる。

hobby japan 2012 05 02

佐々野雅哉が横井孝二にデザインを発注した時に、うじ虫のごとく増殖する小さなガンダムというイメージを伝えた為、横井孝二が描いた絵の中にうぢ虫ぐわんだむの文字がある。
メモ うぢ虫ぐわんだむの絵は、ホビージャパン2012年5月号にて掲載された。各モビルスーツが描かれているが、原画では各モビルスーツごとに紙が分けてあることが考えられる。
メモ SDガンダム デザインワークスは、うぢ虫ぐわんだむの文字は消去している。

bandai mokei jowhow 1985 06 01

1985年6月1日発行、模型情報1985年6月号にて、スーパーディフォルメガンダムワールドのサンプルが掲載された。横井孝二が描いた、上から押し潰した感じの表現がうまく造形されている。
メモ 同ページにて、ポピー特機事業部が企画したディフォルメZガンダムPART1と、ホビー事業部が企画したロボチェンマンの新商品も掲載された。ロボチェンマン1984年7月に発売されて、シリーズ化された。佐々野雅哉は、ロボチェンマンには関わっていない


スーパーディフォルメガンダムワールドの最初の16体は、1985年8月に発売された。この時の横井孝二は、17歳の高校3年生だった。

横井孝二は、その後も様々なSDガンダムの企画に関わった。
メモ SDガンダムには多数の人が関わって、デフォルメのバランスが異なる様々な立体物が発売された。


スーパーディフォルメガンダムワールドのアイディア元?

佐々野雅哉が企画したスーパーディフォルメガンダムワールドは、1984年に発売されたロボチェンマンのガンダムと、1983年7月9日に公開された短編アニメのチョロQダグラムから着想を得ていることが考えられる。


チョロQダグラムは、場面ごとにデフォルメのバランスが異なる。その中で、上から押し潰した感じの絵が、スーパーディフォルメガンダムワールドの雰囲気に近い。
メモ 設定画では普通のデフォルメだが、動画を担当したスタジオ・ライブの誰かが、上から押し潰した感じに描いてしまった。


チョロQダグラムには、佐々野雅哉が企画時にイメージしたうじ虫のごとく増殖する小さなガンダムに近い演出がある。SDガンダムの誕生について言及する場合は、チョロQダグラムは外すことは出来ない。
メモ チョロQロボは、玩具メーカーのタカラが企画した。チョロQダグラムのフィギュアは、アニメ公開後の1984年10月頃に発売された。
メモ 佐々野雅哉はしばらくして玩具第1事業部へ異動となり、タカラが発売した魔神英雄伝ワタルのプラクションを参考にして、同じように組み立て式玩具になっている元祖SDガンダムを企画して、1988年12月に発売した。佐々野雅哉に問い合わせた時に、情報を得た。
メモ 1980年代のバンダイは、タカラの商品に似た商品をいくつも発売していた。


SDガンダムの奇妙な話 PART 1

佐々野雅哉がスーパーディフォルメガンダムワールドを企画した時に、佐々野雅哉の上司がガンダムに対する冒涜だと発言した件は、辻褄が合わない。スーパーディフォルメガンダムワールド以前に、ホビー事業部は極端にディフォルメしたロボチェンマンのガンダムを発売していた。さらにポピー特機事業部はガシャポンで重戦機エルガイムディフォルメヒーローシリーズディフォルメZガンダムPART1を発売していた。
メモ 重戦機エルガイム第2弾ディフォルメヒーローシリーズディフォルメZガンダムPART1のディスプレイカードに掲載されている絵は、横井孝二が描いた。

話を面白くする為に誇張したか、または記憶違いしたことが考えられる。佐々野雅哉に問い合わせたが、返答は得られなかった。
メモ うぢ虫ぐわんだむの文字が原因で創通エージェンシーの担当者がキャラクターをバカにしていると発言して怒った件も、もしかしたら誇張があるかもしれない。


SDガンダムの奇妙な話 PART 2

スーパーディフォルメガンダムワールド1985年8月に発売されたが、インターネットの各ウェブや俺たちのガンダム・ビジネスでは、何故か1985年6月に発売されたことになっている。

誤情報の原因は、ウィキペディアのSDガンダムのページが考えられる。2004年2月9日にウィキペディアを更新した人は、模型情報1985年6月号にてスーパーディフォルメガンダムワールドのサンプルが掲載されたことを誤解して、ウィキペディアに6月に発売と記載してしまったことが考えられる。

2015年6月、横井孝二によってツイッター内で誤情報が拡散してしまった。横井孝二に問い合わせたが、返答は得られなかった。

バンダイは、SDガンダム30周年記念商品を2015年7月中旬に発売した。しかし1985年7月に発売されたのは、ディフォルメZガンダムPART1だった。

バンダイに問い合わせて、品番0704553の出荷日が記載された資料は無いとの情報を得た。バンダイが主催したGUNPLA展では1987年に発売という誤表示があったこともあり、この件はバンダイに報告した。


SDガンダムの奇妙な話 PART 3

コミックボンボンにて漫画爆笑戦士!SDガンダムを連載した佐藤元がSDガンダムの起源について言及したが、辻褄が合わない。 メモ 創作物は、過去の創作物の積み重ねで成り立っている
メモ とや邦行ほしの竜一がテレビマガジン1984年5月号から連載を開始した漫画ポケポケQロボのほうが、佐藤元が連載したQロボゴーグよりも発表が早かった。
メモ ポケポケQロボに登場する日本サンライズのロボットの表情は、成井紀郎を参考にしていることが考えられる。
メモ Qロボシリーズは、チョロQロボシリーズとは関連は無い。名称が紛らわしい。


巨大な人型ロボットをデフォルメした作品

巨大な人型ロボットをデフォルメした作品は、チョロQダグラム以前からあった。


チョロQダグラムでダグラムが伸びたり縮んだりする演出は、1982年8月7日に放送された逆転イッパツマンの第26話から着想を得ていることが考えられる。

月刊誌テレビマガジン1977年2月号の表紙にて掲載された胴体が長めなデフォルメロボットは、同誌宇宙鉄人キョーダインを連載中だった成井紀郎が描いた。さらに成井紀郎は同誌1977年5月号から12月号まで連載したゴーゴー悟空でも、デフォルメロボットを描いた。
メモ 他には1977年7月号1978年2月号等がある。
メモ 成井紀郎が描いたデフォルメロボットの大胆な口の表現は、真樹村正が同誌1975年7月号から連載を開始したジャンジャジャ〜ン ボスボロットだいを参考にしていることが考えられる。

セイカノートが発売したスーパーロボット レッドバロンのかるたにて、成井紀郎的なデフォルメロボットが描かれている。スーパーロボット レッドバロンは、1973年に放映された。
メモ レッドバロンのかるたの発売日について、セイカを合併したサンスター文具に問い合わせたが、資料は残っていないとの返答を得た。

三ツ葉電機製作所が1966年に発売したミツバの鉄人28号ランプは、デフォルメになっている。
メモ ミツバに問い合わせて、ミツバの鉄人28号ランプCL-1型が1966年に発売された情報を得た。

青竜社が1948年に発売した漫画の原子力人造人間は、宇野一路が描いた。人が乗って操縦する人型ロボットは、ミッキーマウス的なかわいい体型になっている。