画像転載禁止

西洋のプレートアーマーと剣



西洋の全身プレートアーマーは動きがモタモタするイメージがあるが、スピーディーに動くことが出来る。ただしかなりの重量がある為に、疲労は早い



重量がある物がヘルメットにヒットすると、衝撃がモロに頭に届いてしまう。



昔の西洋の剣は、刃の部分を素手で握っても、手をスライドさせなければ切れない。戦場で全身プレートアーマーと対戦することになった兵士は、剣を逆さに持ってヘルメットを狙うこともしたらしい。



戦いは、盾も武器として使い、キックや投げもある。


オーロラ製のプラモデル

1950年代後期にプラモデルメーカーのオーロラは、騎士をテーマにしたブラックナイト、ブルーナイト、レッドナイト、シルバーナイト、ゴールドナイトを発売した。
メモ レディバードブックが1970年に出版した児童用図書グリフィンパイレーツストーリーズから着想を得ていることが考えられる。ブラックパイレーツ、ブルーパイレーツ、グリーンパイレーツ、レッドバイレーツが登場する。
メモ ブラックナイトの台座の裏側には1958年の表示がある為、1958年から販売開始したことが考えられる。カタログでは、1956年版はシルバーナイトのイラストが掲載、1957年版はブラックナイト、ブルーナイト、シルバーナイトの完成見本が掲載、1958年版はイラスト1点のみの掲載、1959年版は全5体のパッケージイラストが掲載された。

aurora_black_knight01

パッケージは、1962年生産分まではオモチャのような雰囲気にしていて、1964年生産分からはドラマ性を感じさせる、雰囲気があるイラストに変更になった。

2010年~2011年に、レベルがモノグラムブランドでブラックナイト、レッドナイト、ゴールドナイトを再販した。