画像転載禁止


高橋留美子のビキニアーマー

1979年2月28日発売、週刊少年サンデー1979年3月25日号13号に掲載されたうる星やつらに、金属のビキニトップにショルダーアーマーらしき物を着けている弁天が登場する。ふだんは武器は持たず、戦いになると相手に対してパンチをする。
メモ コミック第26巻に「鉄のビキニ・・・弁天?」という言葉がある。
メモ 節分で使う豆まきマシンガン以外では、バズーカみたいな大型銃と手榴弾を持っている。

shogakukan weekly shonen sunday 1979 03 25 01

ローマ帝国のグラディエーターに雰囲気が似ている。アームガードは、敵の攻撃を防ぐ目的で着けている。
メモ アニメでは線を少なくする目的があったのか、デザインが少し異なっていた。
メモ ビキニトップの形状は、リアルに考えるならば左側はショルダーストラップが必要になる。さらにビキニのサイドベルトや背面部分も硬い材質ならば、着脱時にバカッと開くことを説明する線があるほうが良い。

胴体にあるチェーンは、弁天が住居として利用しているUFOの扉の鍵になっていて、武器ではない。
メモ 惑星小学校時代に相手を捕らえる為にチェーンを使うが、胴体にあるチェーンとは異なる。
メモ 作者は、弁天が初登場する第8話の時点では、プロレスラーから着想を得てチェーンを武器として描いていたか、あるいはチェーンがある理由を何も考えていなかったことが考えられる。


コミックで弁天が登場する話

弁天は計31話に登場した。

shogakukan urusei yatsura02

藤波竜之介というらんま1/2に雰囲気が似ているキャラクターを作者が重宝したことが影響したのか、弁天はバシっとした格闘シーンは少なかった。
メモ アニメ第108話でロボット教師CAO-2と戦う話、第135話で暴走族と戦う話は、コミックにはない。


ザ・超女

週刊少年サンデー1980年10月20日号秋の増刊号2に掲載されたザ・超女と、1985年に放送されたアニメうる星やつらのオープニングロック・ザ・プラネットにてランが着けているビキニは、パワー抑制ギプスという設定がある。
メモ パワー抑制ギプスという名称の通り、巨人の星の大リーグボール養成ギプスのパロディになっている。

shogakukan weekly shonen sunday 1980 10 20 01

パワー抑制ギプスのビキニトップは、戦闘アーマーを兼ねている。つまり、ビキニアーマーを着けていることになる。
メモ パワー抑制ギプスだからビキニアーマーではないと考えていたのだが、30数年ぶりにコミックを見ると、ビキニトップは戦闘アーマーを兼ねていることに気づいた。

shogakukan weekly shonen sunday 1980 10 20 02

敵役が着けているビキニトップは、レッドソニアから着想を得ていることが考えられる。ビキニの表面がウロコ状になっている。