画像転載禁止


スペオペ宙学

1978年7月26日発売、週刊少年サンデー1978年8月20日号34号に、スペオペ宙学の第1話が掲載された。

shogakukan weekly shonen sunday 1978 8 20 01

第1話はアメリカの表現を積極的にコミックに組み入れていて、実験作のような雰囲気になっている。

女キャラクターの竜子スカイウォーカーが着けているビキニトップは、1959年の映画ソロモンとシバの女王のようなダンス衣装から着想を得ている感じがある。
メモ 作者の永井豪は、ビキニトップやブラジャーをシッカリとしたアーマーにする発想は無かったことが考えられる。ビキニのデザインについてダイナミック企画にメールで問い合わせてみたが、返答は得られなかった。

shogakukan weekly shonen sunday 1978 8 20 02

全身を描いたページは、ブーツに着色忘れがあった。誰も気づかなかったのか、単行本でも修正されずに掲載された。

shogakukan weekly shonen sunday 1978 9 10 01

1978年8月16日発売、週刊少年サンデー1978年9月10日号37号に、第2話が掲載された。表紙に掲載された竜子スカイウォーカーの絵は、ビキニが硬質に描かれた。
メモ 表紙に掲載された竜子スカイウォーカーの絵は、同年10月1日号40号の表紙にも掲載された。

shogakukan weekly shonen sunday 1978 9 10 02

第2話のタイトルページは竜子スカイウォーカーのブーツに着色ミスがあったが、単行本の表紙に掲載された時に修正された。

shogakukan weekly shonen sunday 1978 9 10 03

竜子スカイウォーカーが、怪物の上に乗っている。

shogakukan weekly shonen sunday 1978 9 10 04

竜子スカイウォーカーが剣を振り回している。


鉄の処女JUN

1983年4月30日発売、月2回刊ビッグコミックスピリッツ1983年5月15日号に、鉄の処女JUNの第1話が掲載された。

shogakukan big comic spirits 1983 05 15 01

第1話第2話のタイトルページにドドーンと主人公じゅんのショートタンクトップアーマー姿を掲載していたが、本編では描かれなかった。
メモ アーマーはショートタンクトップ型になっていて、ビキニアーマーではない。雰囲気が1968年のバーバレラのポスターWEIRD TALES 1938年11月号に何となく似ている。
メモ 第1話のタイトルページには、別案があった。

shogakukan big comic spirits 1983 06 15 01

1983年6月15日号に掲載された第3話で、全身プレートアーマーが描かれた。しかしこのページは、単行本及び電子書籍では掲載されなかった。
メモ 第2話と第3話に掲載されたイメージとしての怪物は、雰囲気がフランク・フラゼッタが描いた絵に何となく似ている。
メモ イメージ上の戦いを描いた絵は、雰囲気が1973年から連載を開始したうしろの百太郎や、1989年から連載を開始したジョジョの奇妙な冒険 PART3に何となく似ている。

iron virgin jun complete01

この作品をまとめた単行本はビッグコミックスピリッツを出版した小学館からは販売されず、1984年に朝日ソノラマ、1992年に大都社、2000年に再び大都社から販売された。ショートタンクトップアーマーの絵を表紙にしたバージョンは、思い違いして買ってしまう人がいるかもしれない。


ダイナマイトガイ

1993年6月23日に発売されたゴーバンズのCDシングルダイナマイトガイのパッケージ絵は、永井豪が描いた。ビキニアーマー女戦士的に描いてある。
メモ 永井豪エッチまんがセレクションZの表紙に掲載された。