インターネットでビキニアーマーという言葉で検索すると、逆ビキニアーマーという言葉が表示される。


逆ビキニアーマーとは何なのか?

ピクシブ百科事典が、この呼称の発信源になっていた。
逆ビキニアーマーとは、胸と股間を丸出しにしている全身アーマーのことで、ビキニアーマーとは全く関連が無い。ビキニアーマーとは真逆な発想をしている為、「逆ビキニアーマー」という呼びかたになった。
結論として、この呼称は使わないほうが良い。

subzero female bodybuilding 01

まず、ビキニを着けていないならば、ビキニという言葉は使えない。

aurora black knight01

そして素肌が一部分のみ露出している程度ならば、呼称はプレートアーマーで済む。

どうしても特別な呼称が必要ならば、セクシーフルアーマーやフェティッシュフルアーマー等にすれば解決する。


似ている表現

画家の空山基が1984年に描いた絵は、バストが露出している。

treville the gynoids01

空山基は、こうした女性の絵 参考1 参考2 参考3 参考4 をたまに描いている。雰囲気は、1927年の映画メトロポリスのマリアの撮影中の写真に似ている。

ファッションデザイナーのティエリー・ミュグレーが1995年秋冬コレクションで発表した作品の中に、バストと尻を露出させたメタルコスチュームがあった。


露出部分にある透明カバー空山基が描いたCOMMANDOに似ているが、2作品とも1968年の映画バーバレラから着想を得ていることが考えられる。
メモ ビキニアーマー文化服装学ページに記載したフェティッシュ専門店の YVA RICHARD も、1920年代~1930年代に胸を露出させたタイツ姿を撮影して、9×14cmのポストカードサイズの写真を販売していた。表側が写真で、裏側が白紙になっている。


2009年、歌手のビヨンセがDIVAを歌う前の映像で、ティエリー・ミュグレーのメタルコスチュームを使っていた。腕には新規パーツを追加して、足のパーツは外していた。