画像転載禁止


バンダイ 模型情報別冊 MSバリエーションハンドブック 2

1983年5月30日発行、模型情報別冊MSバリエーションハンドブック2の裏表紙にて、増尾隆幸が描いたモビルスーツ エンブレム コレクションが掲載された。

bandai mobile suit variation hand book2 01

モビルスーツのグフが、ビキニアーマー女戦士になっていた。


バンダイ 模型情報 1983年7月号

1983年6月25日発行、模型情報1983年7月号にて、居村真二が描いたザク少女が掲載された。トップはショートタンクトップ、ボトムはスカートになっていた。


ホビージャパン 1983年9月号と10月号

1983年8月25日発売、月刊ホビージャパン1983年9月号の広告ページにて、モビルスーツ エンブレム コレクションのグフを造形したフィギュアが掲載された。大河原邦男が原型を製作していた。
メモ 大河原邦男は、を削って造形することに慣れていた。

hobby japan 1983 09 01

レジンキットにして販売することを企画したモデルショップ童夢により、キャラクター名はスペースクイーン・コーラルとネーミングされた。パッケージは創通エージェンシーの版権表示は無く、版権を取得せずに販売していた。
メモ スペースクイーン・コーラルの定価は、ホビージャパン1983年11月号のモケイラッキーの広告では11500円と記載されていて、ホビージャパン1983年12月号のボークスの広告では11000円と記載されていた。

hobby japan 1983 10 01

1983年9月25日発売、月刊ホビージャパン1983年10月号にて、作例が掲載された。
メモ ホビージャパンが掲載したビキニアーマー女戦士やビキニ女戦士について。


バンダイ 模型情報別冊 MSバリエーションハンドブック 3

1983年10月10日発行、模型情報別冊MSバリエーションハンドブック3にて、キャラクター名はグフレディとネーミングされた。
メモ 1984年2月25日発行、講談社のポケットカード機動戦士ガンダムMSVコレクションでも、キャラクター名はグフレディになっていた。

bandai mobile suit variation hand book3 01

小沢勝三が製作したグフレディのビキニトップは、大河原邦男が製作したグフレディよりもアーマーらしく造形していた。

bandai mobile suit variation hand book3 02

記事内に、モデルショップ童夢の宣伝があった。創通エージェンシーの版権を取得していない商品だったが、バンダイからは販売許可を得ていたことが考えられる。
メモ 2010年9月25日発売、アスキー・メディアワークスが出版したMSバリエーションハンドブック復刻版のほうでは、宣伝文は削除された。


ホビージャパン 1983年11月号

1983年10月25日発売、月刊ホビージャパン1983年11月号にて、バンダイが発売したミンキーモモのプラモデルと1/250グフのプラモデルを使用したグフレディが掲載された。

hobby japan 1983 11 01

モビルスーツと少女を組み合わせていて、MS少女になっていた。


ホビージャパン 1984年4月号と5月号

スペースクイーン・コーラルは売れたらしく、同メーカーから関連商品が発売された。

hobby japan 1984 04&05-

少女版のスペースプリンセス アリサは1984年4月に発売されて、1/12サイズのスペースクイーン・コーラルは1984年5月に発売されたことが考えられる。

hobby japan 1984 05 03 モザイクあり

ホビージャパン1984年5月号の読者のイラストコーナーにて、漫画家の北崎拓が北崎ひろみのペンネームで投稿した絵が掲載された。
メモ 北崎拓=北崎ひろみについては、北崎拓に問い合わせて情報を得た。


バンダイ 模型情報 1984年5月号

1984年5月1日発行、模型情報1984年5月号にて、MS少女のレジンキットがバンダイから受注販売された。杉原昌子が描いたキャラクターは、ワンピースドレスになっていた。

bandai mokei jowhow 1984 05 01

通販の方法を説明した文中にて、MS少女という語が使われた。この時点ではMS少女という語は控え目に使われたが、1984年11月6日に発行された模型情報別冊プリティ・フィギュアにて再掲載された時は、堂々と表示された。
メモ バンダイのパッケージも、モデルショップ童夢と同様に創通エージェンシーの版権表示は無かった。
メモ 2014年10月22日に放送されたアニメ、ガンダムビルドファイターズトライ第3話にて、「エムエス少女なんていかがですか? 部長?」というセリフがあった。
メモ 2017年10月6日に公開されたアニメ、ガンダムビルドファイターズ バトローグ第3話に登場するリックドギャン子は、杉原昌子が描いたドム少女を発展させたようなデザインになっている。

杉原昌子は、模型情報の読者参加ページに絵を投稿したことで、同誌に起用された。初掲載された模型情報1982年8月号のドム少女は、2つのキャラクターを組み合わせ+ワンピースドレス+柔らかいタッチで描いていた。

rapport ideon daijiten 01

1982年3月1日に発行された伝説巨神イデオン大事典にて、吾妻ひでおが描いたイデオン少女が掲載された。2つのキャラクターを組み合わせ+ワンピースドレス+柔らかいタッチで描いていた点から、杉原昌子はこの絵を参考にして、模型情報1982年8月号のドム少女を描いたことが考えられる。
メモ 逆襲のラナオンは、イデオンと未来少年コナンのラナを組み合わせている。

bandai mokei jowhow 1984 07 02

1984年7月1日発行、模型情報1984年7月号にて、MS少女をネタにした漫画が掲載された。レプラカーン少女の胸は、ビキニアーマー風になっていた。
メモ 著者の鳥山劣=横井孝二は、後にディフォルメ重戦機エルガイムやSDガンダムワールドのデザインに関わった。


グフレディよりも約4ヶ月前の作品

グフレディに雰囲気が似ている作品として、パソコン雑誌の表紙に掲載されたオリジナルキャラクターがある。

japan soft bank oh!mz 1983 02 01-

1983年1月18日発売、月刊Oh!MZ1983年2月号の表紙に掲載された絵は、小林ゆかりが描いた。
メモ 1983年2月号の発行日は、発売日と同じ1月18日にしていた。ちなみに同年11月号の発売日も前月の18日だが、発行日は11月1日にしていた。


グフレディよりも約9ヶ月前の作品

モビルスーツをビキニアーマー女戦士にする表現はグフレディが初出だが、カップが無い箱型ならばグフレディ以前からあった。

rapport animec 1982 08 01

1982年7月1日発売、月刊アニメック25号にて、赤井孝美が描いたガンダム少女が掲載された。
メモ 強引に服飾用語に当てはめるならば、ビキニではなくショートタンクトップ等になる。
メモ ガンダム少女の絵は、「ためになるゼネプロ講座」にて掲載された。誌面には絵の作者についての記載は無い為、ゼネプロアルファーを運営する米子ガイナックスに問い合わせて、赤井孝美が描いたこと、著者の岡田斗司夫から発注があったこと、左側のイデオンは他者が描いたとの情報を得た。

general products wrapping paper01

ゼネラルプロダクツで使用していた包装紙の絵は、赤井孝美が描いた。ウルトラセブン少女が描いてあり、この流れで岡田斗司夫が赤井孝美にガンダム少女の絵を発注したことが考えられる。
メモ 大阪のSFグッズ専門店ゼネラルプロダクツは、1982年2月13日に開店した。
メモ 包装紙には作者名の記載は無い為、米子ガイナックスに問い合わせて情報を得た。
メモ ウルトラセブン少女は、ビデオ DAICON III のオマケ映像の最後のほうにも登場する。