(C) vampire.blog.jp

ビキニ姿の女性戦士は、絵画や映像の表現として広がり、定着した。

lotte_neclos_fortress01

1987年~1988年にロッテが販売した、ネクロスの要塞チョコのオマケに女性戦士がいる。鉄球を持っている女性戦士は、乳房を包むカップがアーマーになっている。


ページの構成

下記の3点を軸にして、その他の細々とした考察は関連ページに記載した。
  1. ビキニアーマーの定義。
  2. ビキニ姿の女性戦士は不思議な表現ではないこと、そして女性格闘家に乳房ガードが必要な理由。
  3. ビキニアーマーの歴史。
ビキニという言葉は第2次世界大戦後に広まった為、それよりも前の年代に製作されたビキニに似た衣装には別の言葉を使うことが原則になる。しかしビキニという言葉は文をシンプルにする為、時代に関係なく使った。

ビキニアーマーの歴史は、シンプルではない。ビキニアーマーに近い表現は1600年代にはあったが、現代のビキニアーマーの表現は、1930年代にパルプマガジンで発生した変化が起点になっている。


ビキニアーマーという言葉が定義

ビキニアーマーという言葉が、ビキニアーマーの定義になる。ビキニアーマーという言葉を使い何かを企画する場合は、注意が必要になる。
  • ビキニは、上下2つの部分からなる女性用の水着を意味する。胸に着ける水着はビキニトップになり、下半身に着ける水着はビキニボトムになる。
    メモ ビキニトップを着けて、下半身に水着ではない通常のズボンやスカートを着けている場合でも、ビキニやビキニスタイルという言葉が一般的に使われている。
subzero female bodybuilding 01
  • アーマーは、鎧や甲冑や装甲を意味する。鎧や甲冑や装甲は、敵の攻撃から身を守ることを目的にしている。
  • ビキニアーマーは、ビキニ=アーマー、つまりビキニがアーマーになっている。ビキニトップまたは、ビキニトップとビキニボトムの両方が、アーマーになっている。
    メモ ビキニアーマーという言葉は、使い方が限定される。ビキニという言葉を含まないバストアーマー、オッパイアーマー、チェストプロテクター等の言葉のほうが会話では気軽に使える。
  • 通常ビキニに、ショルダーアーマーを着ける、手足アーマーを着ける状態はビキニアーマーではなく、ビキニアーマーになる。ビキニアーマーは、ビキニ・アーマーに省略は出来ない。
BIKINI ARMOR       BIKINI AND ARMOR
英語は BIKINI ARMOR または BIKINI ARMOUR になる。アメリカ語の ARMOR、アメリカ以外で使われる ARMOUR のどちらでも良いが、ビキニアーマー女性戦士の表現はアメリカを中心にして広がった経緯を考えると BIKINI ARMOR のほうが合う。
メモ 発音を聞くと ARMOUR のUは不要な感じがする。


ビキニアーマー以外の言葉

日本は、ビキニ鎧という言葉がたまに使われる。

英語圏は、メタルに見えるビキニは METAL BIKINI や METAL BRASSIERE や METAL BRA という言葉が使われて、METAL の他に STEEL や IRON も使われる。胸部に膨らみがあるプレートアーマーも含めて、大雑把に BOOB PLATE という言葉を使うこともある。

中国は、比基尼鎧甲という言葉が使われる。大雑把に性感鎧甲という言葉を使うこともある。性感は、セクシーを意味する。


ビキニアーマー女性戦士とビキニ女性戦士を区別する

ビキニアーマー女性戦士は、ビキニがアーマーになっている。

lady_chaser03

個人メーカーが発売したガレージキットのレディ・チェイサーは、ビキニアーマー女性戦士になっている。ビキニトップのカップは硬い材質、サイドベルトは柔らかい材質として造形している。
メモ ビキニアーマーのデザインについて

ビキニ女性戦士は、通常ビキニを着けて、武器を装備する。ショルダーアーマーを着けたり、手足アーマーを着けても、ビキニはアーマーではない為、ビキニ女性戦士になる。

kaiyodo_dragon_shoujo03small

海洋堂が発売したガレージキットのドラゴン少女はビキニを着けていて、ビキニ女性戦士になっている。
メモ 1985年のドリームハンターレム/麗夢は、乳房を包むカップが布になっていて、ビキニ女性戦士になっている。

体全体をバリアで防御する特殊な力が通常ビキニにある場合でも、ビキニ女性戦士になる。特殊な力が防御するのであり、ビキニはアーマー、つまり鎧にはなっていない。


暖かい季節に上半身裸で闘った風習

ビキニ姿の女性戦士は、変な表現ではない。実際に男性が上半身裸で闘っていたことは、各国の遺跡から発見された遺物で分かっている。
メモ その時代の戦地には、血を吸う蚊はいなかったのだろうか。

女性については、0001年頃に製作されたと考えられている女性グラディエーターの彫刻がある。女性グラディエーターが上半身裸で闘っていたとする新学説は、2011年に発表された。

el_viejo_dragon_under_colosseum01

ローマ帝国の女性グラディエーターが素肌を出して闘っていた理由は、男性グラディエーターが素肌を出して闘わなければならなかったルールがあったこと以外にも、いくつか考えられる。
  • 素肌を出せば、女性がいることがハッキリと分かる
  • 重アーマーはスタミナ切れが早く、大舞台では迫力に欠ける。
  • 糞尿が容易に出来る姿が望まれた。
  • 各地への移動が大変な時代だった為、荷物を少なくする必要があった。

女性グラディエーター用として数個は作られていたことも考えられるビキニアーマー

女性は上半身裸で格闘すると、乳房に問題が発生する。
  • 叩かれるとかなりの痛みがある。乳首が何かに擦れるだけでも痛みがある。
  • 傷だらけになり、内出血があり、見た目が良くない。女性としては嘆いてしまう。
  • 乳房に機能障害が発生する。
  • 乳房が大きい場合は、邪魔になる。
  • 上下左右に激しい動きが多いと、クーパー靭帯が伸びて乳房の垂れが進行してしまう。垂れてしまうと、元には戻らない。
女性グラディエーターは少数しかいなかった為、人気があったらしい。


闘技場主催者や興行師は、女性グラディエーターが精神面、体調面で完璧な状態で多くの試合に出れるよう、女性グラディエーターから要望を聞き、ビキニアーマーを開発することは考えられる。
メモ ペプシコーラ2004年CMにある、観客視点。大舞台に女性がいることがハッキリと分かる。
メモ 0001年~0200年の間に製作されたと考えられている戦っている女性グラディエーターの彫刻のほうでは、サラシを着けていたと解釈されることがある。女性グラディエーターが上半身裸で闘っていたとする新学説を発表した専門家が、人を使って簡易再現した。
メモ 女性グラディエーターが少数しかいなくて、しかも人気があったならば、致命傷を負わせる試合や殺し合いはもったいない。対人試合は、木刀等でボコボコと殴り合っていたことが考えられる。木刀は、ヘルメットの上から叩いても衝撃が伝わり、ギブアップさせることが出来る。
メモ ペプシコーラ2004年CMに似ている表現として、ロジャー・コーマンがプロデュースした1974年の映画 THE ARENA や、1985年の映画 BARBARIAN QUEEN がある。


ブラジャーの歴史

ビキニは、ブラジャーをアレンジして普及した。ブラジャーに関して、面白い情報がある。
西洋のフェティッシュ文化

ビキニアーマーの歴史は、シンプルではない。ビキニアーマーに近い表現は1600年代にはあったが、現代のビキニアーマーの表現は、1930年代にパルプマガジンで発生した変化が起点になっている。

1900年代、フェティッシュな表現の1つとしてスパンキングがあり、1920年代から写真作品が増えた。下着姿の支配者役、上半身裸の支配者役がムチやヘアブラシを使いヤラレ役をペシペシと叩くシンプルな表現だが、特に女性が上から目線で男性を叩く表現は、ガチガチな男性中心社会にいた当時の人々にとっては、1968年の映画猿の惑星に匹敵する刺激になっていたことが考えられる。こうしたアングラ的な表現は、アメリカで営業をしていた各出版社の関心を引いた。パルプマガジンと呼称されている小説雑誌の表紙に、表舞台向きにアレンジした絵画が掲載された。
メモ 日本ではフェティッシュという言葉は一般的ではなく、広い意味を持つフェチという言葉が使われている。fetish → feti → フェチ。
メモ フェティッシュ文化では、支配者役の女性がヤラレ役の男性を叩く表現はレアで、ほとんどが支配者役の女性がヤラレ役の女性を叩く表現になっていた。


1969年の映画マジック・クリスチャンの船の動力部の演出は、1959年の映画べン・ハーから着想を得ていて、キャラクターはスパンキングから着想を得ている。
メモ 衣装は、後ろ側から見るとビキニに見えるが、前側から見るとレオタードになっている。トップとボトムがズレないように繋がっていて、ビキニとワンピースの中間にある水着は、モノキニと呼称されている。

1930年頃、フランスのパリで営業をしていたフェティッシュ専門店 YVA RICHARD が、スチームパンク的でアールデコ的なメタルビキニを撮影して、写真を販売した。店の経営者の妻が、スパンキングの支配者を演じた。
メモ 撮影年は分からないが、1928年と1930年の写真に雰囲気が似ている。

editions_astarte_yva_richard01

ビキニトップは1920年代~1930年代のダンサーから着想を得ていて、腰のベルトと鎖を繋ぐ金具には南京錠を使っていて、貞操帯からも着想を得ている。
メモ YVA RICHARD はフランスにあった店の為、カタカナにするとイヴァ・リシャールになる。店名の YVA の部分は、店の経営者 L.RICHARD の妻、NATIVA RICHARDNAT IVA を短縮している。
メモ 写真はフェティッシュ文化から発信した為、いくつかの解釈が出来る。ヤラレ役をムチで叩きつつ、支配者役も自身の胸と股をメタルで拘束して、喜びを得ている。または、究極の支配者を意味している。演出を変えれば、ヤラレ役にすることも出来る。
メモ フェティッシュ文化の性質上、個人が密かにオーダーメイドを行い、密かに女性にコスプレさせて楽しみ、密かに作品を処分したことが考えられる。写真は、フェティッシュ文化から発信された最も古いメタルビキニかどうかは分からない。1900年頃にもコルセットアーマーが撮影されていて、コスプレアーマーか製作されていたことが分かる。
メモ 1994年に EDITIONS ASTARTÉ が販売した写真集 YVA RICHARD は、スチームパンク的なメタルビキニは1点しか収録されていない。 同時に撮影された写真 12345678
メモ インターネットオークションのイーベイでは、1920年代~1930年代にYVA RICHARD がポストカードサイズにして販売した写真を見ることが出来る。

フランスの美術館には、奇妙なアーマーを描いた絵画が幾つもある。アニメを観てコスプレをする人がいるのと同様に、古い絵画を観てフェティッシュ文化にメタルコスプレを取り入れたことも考えられる。 YVA RICHARD と同時代、フランスで写真撮影を専門にしていた BIEDERER STUDIO でも、YVA RICHARD と同型と考えられるメタルパンツと、似ているメタルパンツを撮影していた。さらに1500年代~1600年代の貞操帯から着想を得たギザギザがあるパンツも撮影していた。形が少々異なるバリエーションもあり、中央の写真はリベット凸の数、ベルトの幅、ベルトとパンツを繋げる金具が異なる。
メモ BIEDERER STUDIO をカタカナにすると、ビェデレ・ステュディオ(スチュディオ)になる。
メモ BIEDERER STUDIO は、OSTRA STUDIO とも名乗っていた。カタカナにすると、オストゥラ(オストラ)・ステュディオ(スチュディオ)になる。
メモ 1940年にフランスはドイツに占領されて、フランス国民はフェティッシュ文化を楽しむ雰囲気ではなくなったことが考えられる。
メモ インターネットオークションのイーベイでは、1920年~1930年代に BIEDERER STUDIO と OSTRA STUDIO がポストカードサイズにして販売した写真を見ることが出来る。

YVA RICHARD と同時代、アメリカのニューヨークで営業をしていたフェティッシュ専門店 C.GUYETTE でも、スチームパンク的なメタルビキニを撮影していた。YVA RICHARD や BIEDERER STUDIO と同じく、リベット凸表現がある。
メモ ブラジャー姿でボクシングをしている写真もある。


1950年代にアメリカの映像作家 IRVING KLAW が公開した短編フィルム SECOND INITIATION OF THE SORORITY GIRL と MANACLED SLAVE MAIDEN に、メタルビキニを着けているヤラレ役が登場する。SECOND INITIATION OF THE SORORITY GIRL では、スター的な存在だった BETTIE PAGE が支配者を演じた。さらに BETTIE PAGE同じメタルビキニを着けている写真IRVING KLAW と記念撮影している写真がある。
メモ IRVING KLAW をカタカナにすると、アーヴィン・クロウになる。ただし、アーヴィン・クロウにしても間違いではない。


女性キャラクター + 硬そうなビキニトップ

1920年代~1930年代のダンサー衣装は、ぱっと見にはメタルに見えるが、布の上にギッシリと装飾していてメタルではない。またベリーダンス衣装もぱっと見にはメタルに見えるが、布の上にコイン型の薄いパーツを何枚も縫い付けているだけだったりする。
メモ MARGARET BRUNDAGE が描いた ORIENTAL STORIES 1932年 SUMMER 号のビキニトップは表面に凹凸があり、ダンサー衣装から着想を得ていることが考えられる。CURTIS CHARLES SENF が描いた WEIRD TALES 1928年4月号も、フランスのアダルト雑誌 PARIS PLAISIRS 1924年24号PARIS PLAISIRS 1923年8号等に掲載されたダンサー衣装から着想を得ていることが考えられる。
メモ 1955年の映画ピラミッドで、プリンセス ネリファが着けているビキニトップと、1962年の映画ソドムとゴモラで、東洋人ダンサーが着けているビキニトップは、ぱっと見にはメタルに見える。しかし、メタリックな布の上から装飾していることが考えられる。

パルプマガジンと呼称されているアメリカの小説雑誌、そしてコミック雑誌に、硬そうなビキニトップを着けている女性の絵画が掲載された。硬そうに見えるビキニトップは1920年代~1930年代のダンサー衣装が影響していることが考えられ、そして WEIRD TALES はフェティッシュ文化から着想を得ていることが考えられる。
メモ SUPER SCIENCE AND FANTASTIC STORIES は、カナダの出版社がカナダで販売した。
  1. MYSTIC MAGAZINE 1931年3月号
  2. WEIRD TALES 1932年10月号 MARGARET BRUNDAGE 作
  3. WEIRD TALES 1933年9月号 MARGARET BRUNDAGE 作 / スパンキング
  4. WEIRD TALES 1934年2月号 MARGARET BRUNDAGE 作
  5. WEIRD TALES 1934年4月号 MARGARET BRUNDAGE 作 / スパンキング
  6. WEIRD TALES 1934年5月号 MARGARET BRUNDAGE 作
  7. WEIRD TALES 1934年11月号 MARGARET BRUNDAGE 作
  8. WEIRD TALES 1934年12月号 MARGARET BRUNDAGE 作 / スパンキング
  9. WEIRD TALES 1935年2月号 MARGARET BRUNDAGE 作 / スパンキング
  10. SPICY-ADVENTURE STORIES 1935年3月号 HUGH JOSEPH WARD 作
  11. WEIRD TALES 1935年12月号 MARGARET BRUNDAGE 作
  12. SPICY-ADVENTURE STORIES 1936年6月号 HUGH JOSEPH WARD 作 / たまたま武器を手にしている雰囲気
  13. WEIRD TALES 1936年7月号 MARGARET BRUNDAGE 作 / たまたま武器を手にしている雰囲気
  14. MYSTERY ADVENTURE MAGAZINE 1936年7月号 NORMAN BLAINE SAUNDERS 作
  15. SPICY-ADVENTURE STORIES 1937年7月号 FRANK VOLP 作
  16. SPICY-ADVENTURE STORIES 1937年12月号 HUGH JOSEPH WARD 作
  17. WEIRD TALES 1938年5月号 MARGARET BRUNDAGE 作
  18. MARVEL SCIENCE STORIES 1938年8月号 NORMAN BLAINE SAUNDERS 作
  19. FUTURE FICTION 1940年7月号 JOHN WALTER SCOTT 作
  20. FANTASTIC NOVELS 1940年9月号 FRANK RUDOLPH PAUL 作
  21. SPICY-ADVENTURE STORIES 1940年10月号
  22. SPICY-ADVENTURE STORIES 1940年12月号
  23. SPICY-ADVENTURE STORIES 1941年12月号 ALLEN GUSTAV ANDERSON 作 / たまたま武器を手にしている雰囲気
  24. SPICY-ADVENTURE STORIES 1942年1月号
  25. FANTASTIC ADVENTURES 1942年1月号 HAROLD WILLIAM McCAULEY 作
  26. STARTLING STORIES 1943年6月号 EARL KULP BERGEY 作
  27. THRILLING WONDER STORIES 1944年 SPRING号 EARL KULP BERGEY 作
  28. PLANET COMICS 1944年7月号 JOE DOOLIN 作
  29. THRILLING WONDER STORIES 1944年 FALL号 RUDOLPH BELARSKI 作
  30. STARTLING STORIES 1944年 FALL 号 EARL KULP BERGEY 作
  31. THRILLING WONDER STORIES 1945年 WINTER号 EARL KULP BERGEY 作 / 渦巻き
  32. SUPER SCIENCE AND FANTASTIC STORIES 1945年2月号
  33. STARTLING STORIES 1945年 SPRING号 EARL KULP BERGEY 作
  34. STARTLING STORIES 1945年 FALL号 EARL KULP BERGEY 作
  35. THRILLING WONDER STORIES 1946年 WINTER号 EARL KULP BERGEY 作
  36. STARTLING STORIES 1946年 FALL号 EARL KULP BERGEY 作
  37. THRILLING WONDER STORIES 1946年 FALL号 EARL KULP BERGEY 作
  38. THRILLING WONDER STORIES 1947年6月号 EARL KULP BERGEY 作
  39. JUNGLE COMICS 1948年3月号 JOHN CELARDO 作 / 渦巻き スパンキング
  40. DAGAR DESERT HAWK 1948年4月号 EDMOND GOOD 作 / 渦巻き
  41. STARTLING STORIES 1948年9月号 EARL KULP BERGEY 作
  42. THRILLING WONDER STORIES 1948年10月号 EARL KULP BERGEY 作 / 渦巻き
  43. THRILLING WONDER STORIES 1949年2月号 EARL KULP BERGEY 作 / たまたま武器を手にしている雰囲気
  44. FAMOUS FANTASTIC MYSTERIES 1949年2月号 LAWRENCE STERNE STEVENS 作
  45. FAMOUS FANTASTIC MYSTERIES 1949年4月号 LAWRENCE STERNE STEVENS 作
  46. SUPER SCIENCE STORIES 1949年4月号 LAWRENCE STERNE STEVENS 作
  47. SUPER SCIENCE STORIES 1949年7月号 LAWRENCE STERNE STEVENS 作
  48. FANTASTIC ADVENTURES 1950年1月号 RAMON NAYLOR 作
  49. THRILLING WONDER STORIES 1950年4月号 EARL KULP BERGEY 作
  50. A. MERRITT'S FANTASY MAGAZINE 1950年7月号 NORMAN BLAINE SAUNDERS 作
  51. OUT OF THIS WORLD ADVENTURES 1950年7月号 WILLIAM F. MCWILLIAM 作 / 渦巻き
  52. FUTURE COMBINED WITH SCIENCE FICTION STORIES 1950年7-8月号 EARL KULP BERGEY 作
  53. OUT OF THIS WORLD ADVENTURES 1950年12月号
  54. AVON SCIENCE FICTION READER NO2 1951年
  55. FANTASTIC STORY MAGAZINE 1952年11月号 CORNELIUS ANTHONY MURPHY 作 / 渦巻き
  56. PLANET COMICS 1953年 FALL号 MAURICE WHITMAN 作
1~56の一例は硬そうなビキニトップを日常服またはその他の理由で着けている雰囲気があり、ビキニアーマーという呼称は合わない。しかし、ビキニアーマー女性戦士が活躍する世界を誕生させる種は、蒔いている雰囲気はある。
メモ 表紙に掲載されたキャラクターが、作品中に登場しないことがある。JUNGLE COMICS は全体の雰囲気から、女性戦士ではないほうに入れた。

spicy_adventure_stories_1936_december01

HARRY LEMON PARKHURST が描いた SPICY-ADVENTURE STORIES 1936年12月号は、硬そうなビキニトップを着けて槍を持って戦っていて、ビキニアーマー女性戦士という呼称に合う雰囲気になっている。ただしビキニトップの表面には模様があり、さらにサイドベルトとショルダーストラップは戦闘服としては細く、1920年代~1930年代のダンサーがワニと戦っているようにも見える。

planet_stories_1939_11_the_golden_amazons_of_venus01

PLANET STORIES 1939年11月 WINTER 号に掲載された小説 THE GOLDEN AMAZONS OF VENUS に、女性達が臆することなく戦っている絵画が掲載された。硬そうなビキニトップを着けていて、ビキニアーマー女性戦士という呼称に合う雰囲気になっている。ビキニトップにはリベット凸表現があり、フランスのメタルビキニや、フランスのモン・サン・ミシェルにあるジャンヌ・ダルクの像に雰囲気が似ている。ヘルメットは、反乱軍を指揮してローマ帝国と闘ったブーディカに、なんとなく似ている。
メモ 白黒絵画の作者名は、雑誌を見ても分からない。表紙STANLEY ALBERT DRAKE が描いたが、ビキニトップのデザインは白黒絵画とは異なる。
メモ 1939年9月、ドイツとソ連がポーランドに侵攻して、第2次世界大戦が始まった。
メモ HERCULES THE LEGENDARY JOURNEYS シーズン3第43話に、雰囲気が似ているシーンがある。ビキニ女性団は、1995年シーズン2 第20話 THE MOTHER OF All MONSTERS と、1996年シーズン3 第43話 MONSTER CHILD IN THE PROMISED LAND に登場する。

PLANET STORIES 1939年11月 WINTER 号以降、しっかりとビキニアーマー女性戦士になっている絵画が掲載されるようになった。

その他の資料

1901年頃に JAN STYKA が描いた PALLAS ATHENAショートベストを着けていて、ぱっと見にはビキニアーマーを着けているように見える。この絵画は広くは知られていない為、他の画家から参考にされることは考え難い。
メモ 2005年に販売された画集STYKAに収録されている。

1913年にアメリカ合衆国財務省前で女性参政権を求めるデモがあり、ガチガチな男性中心社会を変えようとする動きがあった。コスプレをした女性は、WILHELM RICHARD WAGNER が製作したオペラヴァルキューレから着想を得ていることが考えられる。
メモ オペラヴァルキューレは、日本ではワルキューレ、英語ではヴァルキリーと呼称されている。
メモ オペラヴァルキューレ衣装デザインは、THE DEATH OF BALDER に掲載された DANIEL NIKLAUS CHODOWIECKI が描いた絵画等から着想を得ていることが考えられる。
メモ 1980年の映画宇宙の7人に、ヴァルキューレから着想を得たセント・エクスミンが登場する。映像では赤いレオタードの上に装飾があるデザインになっていたが、ポスターではビキニアーマー的に描かれた。

1905年頃に、オペラヴァルキューレ衣装デザインを担当した CARL EMIL DOEPLER の息子 EMIL DOEPLER は、 WALKYRIEN を描いた。槍を持っている女性の胸は、渦巻きになっている。
メモ 1941年のワンダーウーマン第1話に登場するヒッポリタTHRILLING WONDER STORIES 1945年 WINTER 号FANTASTIC ADVENTURES 1948年7月号は、胸が渦巻きになっている。
メモ WALKYRIEN は、1818年頃に JOHAN GUSTAF SANDBERG が描いた VALKYRIOR RIDA TILL STRIDEN または、PETER NICOLAI ARBO が描いた1864年バージョンまたは1869年バージョンの VALKYRIEから着想を得ていることが考えられる。

1941年10月の ALL STAR COMICS 8 からスタートしたワンダーウーマンは、アマゾーンという設定がある。アメリカのJ・ポール・ゲティ美術館にある紀元前490年の壷に描かれたアマゾーンは、ワンダーウーマンワンダーウーマン初期案ヒッポリタに近い雰囲気がある。
メモ ワンダーウーマン初期案の拡大画像


女性キャラクター + 硬そうなビキニトップ + ショルダーアーマー + ブーツ

ショルダーアーマーは、敵が上から下に振り下ろす剣やナイフ等を防御する意味がある。

1675年に THEODORUS CORNELISZ. VAN DER SCHUER が描いた MINERVA AND THE MUSES ON MOUNT HELICON は、ビキニアーマーに見えるアーマーを衣服の上に着けていて、犬の頭に見えるショルダーアーマーを着けている。この絵画は広くは知られていない為、他の画家から参考にされることは考え難い。2000年4月に、美術品オークションのクリスティーズに出品された。
メモ ミネルウァ(ミネルヴァ/ミネルバ)というキャラクターを題材にして、数人の画家がビキニアーマーに近いアーマーを描いた。1502年頃 MINERVA EXPELLING THE VICES FROM THE GARDEN OF VIRTUE、1706年頃 MINERVA AND THE TRIUMPH OF JUPITER、1771年頃 THE COMBAT OF MARS AND MINERVA

AMAZING STORIES 1945年3月号に、硬そうなビキニトップにショルダーアーマーを着けているキャラクターが登場する。ドラゴンボールに登場するチチのように、ヘルメット、マント、手袋、ブーツを着けている。表紙は ROBERT GIBSON JONES が描いて、キャラクターの背中側が分かる白黒絵画ROBERT FUQUA が描いた。
メモ 1591年頃に BARTHOLOMEUS SPRANGER が描いた MINERVA VICTORIOUS OVER IGNORANCE もヘルメット、マントらしき物、ショルダーアーマーを着けている。

THRILLING WONDER STORIES 1950年12月号に、ショルダーアーマーらしき物を着けているキャラクターが掲載された。EARL KULP BERGEY が描いた。

THE SAVAGE SWORD OF CONAN 1974年8月号に、硬そうなビキニトップにショルダーアーマーを着けているレッドソニアが登場する。ビキニトップは、硬そうな板パーツを魚の鱗のように重ね合わせるスケイルアーマーになっている。
メモ レッドソニアのコミックとしての初登場は CONAN THE BARBARIAN 1973年2月号、小説としての初登場は THE MAGIC CARPET MAGAZINE 1934年1月号衣装は変化している。

1979年2月28日発売、週刊少年サンデー1979年3月25日号13号に掲載されたうる星やつらに、メタルビキニトップにショルダーアーマーらしき物を着けている弁天が登場する。
メモ コミック第26巻に「鉄のビキニ・・・弁天?」という言葉がある。
メモ 週刊少年サンデーの発売日に近い1979年2月24日前後に、早川書房からターザンと女戦士が発売された。24日前後に発売されたことは、早川書房に質問して返答を得た。女性戦士は、硬そうなビキニトップを着けている。

硬そうなビキニトップにショルダーアーマーとブーツを組み合わせるデザインは、日本では1984年以降に増えた。1983年のスター・ウォーズ ジェダイの帰還でレイア姫が着けているビキニと、マッドマックス2北斗の拳のショルダーアーマーが影響していることが考えられる。
  • 1983年1月18日発売、月刊Oh!MZ 1983年2月号の表紙に、オリジナルキャラクターが掲載された。
  • 週刊少年チャンピオン1983年4月22日号No.19に掲載されたプラレス3四郎に、桜姫が登場する。武器は所持せず、パンチキックの格闘をする。
  • 1983年5月30日発行、模型情報別冊MSバリエーションハンドブック2の裏表紙に、グフレディが掲載された。
  • 1983年10月30日発売、季刊宇宙船Vol.16 1983年AUTUMN号の表紙に、オリジナルキャラクターが掲載された。
    メモ 1983年1月30日発売、季刊宇宙船Vol.13 1983年WINTER号の表紙のオリジナルキャラクターもぱっと見はビキニアーマーだが、胸を拡大すると縫い目が描かれている。革のアーマーなのか普通のビキニなのか分からない為、ビキニアーマーには含めないことにした。
  • 1984年1月24日発行、月刊コロコロコミックスーパー新年増刊号に、ジャストヒーローが掲載された。タイトルページに描かれたビキニアーマー少女は、本編には登場しない。
  • 1984年2月26日発売、月刊ザ・モーションコミック1984年4月号VOL.6の表紙に、オリジナルキャラクターが掲載された。
    メモ UNBALANCE ANGEL ユウに、ショルダーアーマーを着けていないビキニアーマー女性戦士が登場する。
  • 1984年3月10日発売、月刊ジ・アニメ1984年4月号の付録ポスターに、幻夢戦記レダが掲載された。デザインは決定稿とは異なる。
    メモ 決定稿に「右 かたあてとむねあての間はつながってまへん」と注意書きがあり、ビキニトップはアーマーとして描いたことが分かる。
  • 1984年7月13日発売、月2回刊少年ビッグコミック1984年7月27日号No.14に、ミュウの伝説第1話が掲載された。
  • 1984年10月26日放送、超力ロボ ガラット第4話で、パティ・パンプキンショートタンクトップの上に着けている。
  • 1984年11月、プラモデルメーカーの今井科学がメカニマルZOOを発売した。説明書に、オリジナルキャラクターが掲載された。
  • 1984年11月26日発売、月刊コミコミ1985年1月号に、アウトランダーズ第1話が掲載された。
  • 1984年11月30日、オリジナルビデオアニメーションSF・超次元伝説ラルが発売された。
  • 1984年12月23日発売、月刊漫画ブリッコ1985年2月号の表紙に、オリジナルキャラクターが掲載された。
  • 1985年2月1日発行、模型情報1985年2月号の表紙に、魔法の天使クリィミーマミの森沢優が掲載された。ハイネックビキニになっている。
  • 1985年2月12日発売、週刊少年ジャンプ1985年2月25日号第11号に掲載されたドラゴンボールに、チチが登場する。
    メモ 1984年2月28日発売、月刊ウィングス1984年4月号の表紙に掲載されたオリジナルキャラクターは、チチに雰囲気が似ている。
  • 1985年3月1日、オリジナルビデオアニメーション幻夢戦記レダが発売された。