画像転載禁止


ma-1evo01

峰岸が発売したボードアンカーのMA-1evoは、硬質ではない普通の石膏ボードには使えない。石膏ボードに穴を設けて、ボードアンカーの爪が石膏ボードに埋まるまで差し込み、傘を開く為にネジを回すと、ボードアンカーも一緒に回ってしまう。

ma-1evo02

ボードアンカーに付いている2枚の小さな爪が全く機能しない。2枚の小さな爪が石膏ボードを削り、大きな穴があいてしまう。

ma-1evo03

深く掘ってしまうと、時間をかけて補修することになる。

ma-1evo04

穴の補修は、セメントが使える。
  1. 不要な容器にセメントの粉を入れて、水を入れて掻き混ぜる。
  2. ドロドロ状のセメントを筆に付けて、石膏ボードの穴の側面に染み込ませるように塗る。
  3. セメントの粉を適度に追加してよく練り、柔らかい粘土くらいの固さにする。
  4. 穴にセメントを入れて、ギュッと指で押す。
  5. さらにセメントを重ねて、少し盛り上げる。
  6. セメントが柔らかいうちに細い棒で穴を設ける。
  7. ネジを外したボードアンカーをセメントに入れて、ギュッと押す。
  8. はみ出たセメントは、水を含ませたティッシュやペーパータオルで拭く。
  9. 1週間くらい放置する。
  10. セメントが完全に硬化後、ネジを入れてゆっくりと回して傘を開く。
この方法でしっかりと固定する。

ma-1evo05