Google検索は記事の内容よりも、記事を掲載したウェブサイトの知名度や、著者が有名人かどうかを重視する傾向がある。

例えば当ページのビキニアーマー文化服装学はBingにて「ビキニアーマー」で検索すると1ページ目にて表示されるが、Googleの視点では話題になっていないダメサイトと判断していて「ビキニアーマー」で検索しても表示されない。
メモ 数日間4~8ページ目にて表示されることがあるが、再び非表示になる。

bing01

そしてDMMFXの記事も、Bingにて「DMMFX 欠点」で検索すると1ページ目にて表示されるが、Googleにて「DMMFX 欠点」で検索しても表示されない。

同じ状況にあるページは、多数あることが考えられる。インターネットにて情報を探す場合は、Bingも併用する必要がある。