古いトイレの給水管から水が漏れる場合は、接合部のゴムパーツを取り替える必要がある。

toto toilet parts01

1について

給水管から水が漏れる場合は、カクダイの9191給水管パッキンセットまたはTOTOのTPA-3004パッキンを購入する。
メモ フレキシブル管の場合は、カクダイの9188 19ミリパッキンを購入する。
  • 給水管を分解する前に、止水栓をマイナスドライバーで閉めて水が流れないようにする。
  • 給水管のパッキンを交換後にトイレタンクと接合してナットを締めると、トイレタンクの内部にあるパーツも動いてしまい浮き球が壁面に接触する。トイレタンクの内部にあるパーツを手で押さえて、ナットを締める。

2と3について

止水栓から水が漏れる場合は、カクダイの9072水道用ゴムつきケレップ呼13用と、0740水栓ハンドル内パッキン呼13用を購入する。

金属パーツのスピンドルを30年以上交換していない場合は、磨いても落ちない汚れが確実に付着している。ケレップとパッキンとスピンドルがセットになっているカクダイの790-700 D式上部呼13用またはSANEIのPR10D-13ドライバー式止水栓上部呼13用を購入する。
  • 止水栓を分解する前に、屋外の水道メーターにある栓を閉めて水が流れないようにする。それでも水がチョロチョロと流れてくる為、水を溜める桶を床に置いておく。スピンドルを清掃する場合は、水道メーターにある栓を閉める前に桶等に湯水を溜めておく。