急性肝炎は、稀にA型~E型に当てはまらないことがある。肝臓に針を刺して極少量の組織を採取する超音波ガイド下肝生検を行っても、原因は解明できない。

発症1か月前
  • 健康診断では、異常は無い。

発症1日目
  • 熱は37度台になる。
  • この日のみ、鼻水がドバドバと出る。
  • 喉の痛み、頭痛、吐き気は無い。
  • 便秘になる。

発症2日目
  • 熱は38度台になる。
  • 鼻水、喉の痛み、頭痛、吐き気は無い。
  • 睡眠障害になり、普通に寝れるようになるのは21日後になる。インフルエンザと同じく横になって寝るのが苦しくなり、さらに何度も起きて排尿の為にトイレに行く。

発症3日目
  • この日のみ、熱は39.4度になる。

発症6日目
  • 医師Aは風邪と判断する。目や肌が黄色くなる黄疸は発生していない。
  • 味が濃い物を食べるとストレスがある。

発症7日目
  • 深刻な食欲不振になり、元の状態に戻るのは3週間後になる。
  • 熱は、朝は一時的に36度台になるが、昼に37度台、午後に38度台になる。このパターンが12日間続く。

発症11日目
  • 医師Bは日射病を疑って血液検査を行い、A型~E型に当てはまらない急性肝炎と判断する。
  • 黄疸は、目がやや黄色い程度。
  • 薬は服用せず、ソルデム3A輸液にシーパラ注を混合した点滴で対処する。

intravenous therapy02


発症13日目
  • 黄疸により目が黄色になり、視力が少し落ちて小さな文字がボケる。肌は黄色にはならず、尿は茶色系にはならない。

発症17日目
  • 歩行が苦しくなり、走ることは出来なくなる。
  • 尿が出難くなる。
  • 顔と手足を除く全身に発疹が出る。

発症19日目
  • 38度台になる熱は治まり、36度~37度台になる。
  • この日のみ、尿意があっても尿は少量しか出ない。

発症20日目
  • 顔と手足を除く全身に発疹が広がり、背中は発疹が繋がり肌が全体的に赤くなる。発疹の原因は分からず、後日、麻疹でもないことが検査で分かる。部分的に痒くなるが、茶毒蛾のような強烈な痒みではない。各所の痒みがストレスになる場合はアレルギー鼻炎に使用するオロバタジン塩酸塩OD錠を服用して、オロバタジン塩酸塩OD錠を必要としていない場合は塗り薬のデルモベート軟膏を使用する。オロバタジン塩酸塩OD錠は痒みに効くが、アレルギー鼻炎&睡眠薬として使用するジフェンヒドラミン塩酸塩と同じく、眠くなる。デルモベート軟膏は、痒みに少し効く。市販のかゆみ止め薬は、この発疹には全く効かない。

発症21日目
発症30日目
  • 体が以前の状態に少しずつ戻り、黄疸は薄くなり、発疹は薄くなる。歩行はまだ苦しいが、スーパーでの買い物はカートで体を支えれば可能になる。

発症50日目
  • 視力は戻っている。
  • 短い距離ならば、走ることは可能になる。しかし運動をすると心臓が異常に激しく鼓動して、完治していないことが分かる。