画像転載禁止

園芸ショップでクリスマスツリー型の針葉樹がいろいろと販売されているが、インターネットで性質を調べてから庭に植えるほうが良い。

boulevard01

小さなボールバードを地に植えて放置すると、グングンと伸びて6~7年で電線よりも高くなる。さらに針葉樹は手入れが不要なイメージがあるが、ボールバードについては大きく成長すると日本の気候に合わなくなり、葉が枯れやすくなる。風通しを良くする為に伐採するのだが、スカスカになって針葉樹らしくない雰囲気になってしまう。

boulevard02

葉の色はグレーのようなグリーンで、ハーブ系に似ている。ウィルマのように、冬季に全体が黄色になることはない。

boulevard03

葉は硬そうに見えるが柔らかく、細い枝の表面にある針も柔らかさがある。

boulevard04

ところが葉が茶色に枯れると、細い枝の表面にある針はカチカチに硬くなり、伐採すると針が皮膚にグサグサと刺さる。軍手を着けて作業をするほうが良い。

boulevard05

半袖シャツを着ている状態で伐採すると、数時間後に腕の裏側にポツポツ状の軽いかぶれが発生することがある。また、顔面全体に日焼けのような目立たない薄いかぶれが発生することがある。ボールバードは害虫が付かない性質がある為なのか、アレルギー体質の人間が触っても害がある。さらにアレルギー性鼻炎や目の痒みを発生させるのだが、伐採している時にたまに空気中に舞う粉のような物質が原因ではないかと考えている。

boulevard06

大きく成長したボールバードの上の部分は、脚立を広げて梯子状態にして、ロープで幹と梯子を固定して作業をする。

boulevard07

片手で作業をする為、パワーがある電動ノコギリを使う。本体はリョービRJK-120、替刃は塩ビ用が良い。