画像転載禁止


クロノグラフは飾り

GSX SMART STYLE シリーズは、デザイナーが好きなようにデザインしている。風防の内側にイラストをプリントしていることで、ストップウォッチ機能を使えなくしている品が幾つもある。SMART STYLE 39 デス・スターの場合は時刻が分かり難く、SMART STYLE 44~48 インディアナ・ジョーンズの場合は秒針を曲げていて、秒は大雑把にしか分からない。こうしたデザインは、他の腕時計メーカーではボツにされることが考えられる。

gsx smart style45 02

腕時計の小売をしているベスト販売が企画して、発売した。

風防をノーマルな品に変えればストップウォッチは使えるようになるが、SMART STYLE シリーズは廃盤になっていて、ベルト以外のパーツの在庫は2017年の時点では無い。


クロノグラフの針ズレ

ストップウォッチがある腕時計を購入すると、各針がズレていることがあるが、欠陥ではない。修正方法は、説明書に記してある。

gsx smart style47 02

りゅうずを2段階引っ張り、その状態でストップウォッチ用のAとBのボタンをカチカチと押して調整する。

左側にある分針の調整は、Bボタンを押しっぱなしにする。分針を59の位置で留めて、下側にある秒針を0の位置に留めれば、分針は60に移動する。


電池の交換

小さなプラスドライバーがあれば、電池は交換が出来る。

gsx smart style45 03

SR920SW電池は、100円ショップで買える。