NTTに関する営業の電話や訪問を止めさせる方法を、NTT東日本から教えてもらった。


電話に出た担当者に、電話番号と登録者名を伝えるだけで済んだ。10日以内に、販売業務委託先会社一覧に掲載されている代理店からの営業は無くなる。



上記の電話をする前に、販売業務委託先会社一覧に掲載されているJ.C.O.Sの営業社員が突然やってきた。通常の電話回線を光回線にすることを勧めてきて、さらにその数日後に同社員から電話があり、同じ説明があった。しかし何度説明を聞いても得する理由が理解出来ず、断った。相手の話が理解出来ない時は、手を出さないことにしている。

j.c.o.s-

J.C.O.Sの名刺がNTT東日本の社員のようになっていて、良くない。



J.C.O.Sの件から数日後、別の電話があった。内容は、「販売代理店ではなく、NTT東日本からの直接の電話です。回線を変更しなければならないので、まずは訪問してお話がしたい」ということだった。電話の相手に品を感じず警戒心が増したこと、そして緊急性がないと判断して断わると、「契約している電話回線を近日やめる予定ですかね?それならば分かりますが」と言ってきて、こちらを混乱させようとする。しかも話を終わらせようとはしない為、こちらが一方的に電話を切ることでしか、終わらせることが出来なかった。相手の電話番号を調べると、携帯電話 080-9890-5589 だった。

NTT東日本に問い合わせて、下記の返答を得た。
  • NTT東日本の営業販売担当者としては特定は出来ない。
  • NTT東日本は、携帯電話を使って営業の電話をすることはない。
  • NTT東日本を名乗る不審な営業をする会社があり、NTT東日本には問い合わせが多数ある。
後日、同じ携帯電話 080-9890-5589 から別の人を使っての営業の電話があって「NTT東日本〇〇事業部です」ときたが、NTT東日本からの電話ではないことを指摘すると、電話を切られた。〇〇事業部という言葉が上記のJ.C.O.Sの名刺と一致する為、J.C.O.Sに問い合わせると、携帯電話を使って営業の電話をすることはないとのことだった。

NTT東日本に勧誘停止を登録後は、こうした会社からの電話もなくなった。この点から、販売業務委託先会社が、小さな会社に情報を流していることが考えられる。