隣家の植物が成長して、木の枝や草が自宅敷地内に入ったとしても、無断で切ることは出来ない。法律で、そのように定められている。
(竹木の枝の切除及び根の切取り)
民法 第二百三十三条

隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝を切除させることができる。

2 隣地の竹木の根が境界線を越えるときは、その根を切り取ることができる。
植物の根の部分は無断で切ることが出来るが、木の枝や草は隣家に切ってもらうよう、頼むことになる。あるいは、切っても良いとの許可をもらう必要がある。
メモ 弁護士による解説

木の所有者が木を切ることを拒否した場合は、裁判所が木の所有者に対して木を切ることを命じることになる。枝だけではなく、幹も切るよう所有者に命じた判例がある。

ところで、市が管理する土地からの木の枝や雑草が伸びて、自宅敷地内に入った場合は、無断で切っても良いのか、あるいはダメなのか。こちらの市役所の公園緑地課に問い合わせると、「本来市で実施すべき作業に協力していただいたものと解釈している。」という返答だった。市役所は細かなことに対応することが出来ない為、無断で切っても良い状況になっている。

1年に2度、市民が清掃や草取りをする行事がある。その時に、市が管理する土地にある木の枝は、無断で切っても良いのか、あるいはダメなのか。こちらの市役所の公園緑地課に問い合わせると、「市が管理する土地にある木の枝が伸びて支障がある場合、市民が切ることは、本来市で実施すべき作業に協力していただいたものと解釈しているが、作業に伴う事故も考えられる。出来れば市に連絡して、市で対応したい。」という返答だった。

pruning trees03

市が管理する公園等の木が茂っている場合で、伐採業者が数年間来ていない場合は、市役所の公園緑地課にメールで問い合わせれば対処してくれる。