画像転載禁止

ユニットバス形式ではない浴室は、古くなるとヤバくなる。
  1. 内壁のコーキングが劣化すると、内壁と外壁の間にある空間に湿気が入る。
  2. 内壁と外壁の間にある空間には、支柱としての木材がある。腐朽菌が木材を腐らせて、拡大していく。
  3. 地下にヤマトシロアリがいて、木材が腐っていることを発見すると、登ってきて腐っている木材周辺を住処にする。さらに、他に住処に出来る場所を探して分散する。ヤマトシロアリは大抵は低い位置で留まり、乾燥している上方向には登らない。ところが、内壁と外壁の間にある空間は湿気が溜まっていて、1階天井部分に登るグループが出てくる。
狭くて湿気がある密閉空間は、シロアリが好む環境になっている。もし浴室をリフォームする機会があり、ユニットバス型式にしないならば、外壁に換気口を付けても良いのでは、と考えている。

様々なメーカーが販売したフード付きガラリを調べて、更科製作所が販売したTR-100SMを購入した。ただし、このままでは雨水や羽アリが入ることが考えられ、加工が必要になる。

sarashina_tr_100sm01
  1. TR-100SMのパイプ取り付け部分の側面にある突起は、今回のテーマでは邪魔になる。指で押して、出来るだけ平らにする。
  2. 中性洗剤を使い、TR-100SMを水洗いする。
  3. 厚いアルミホイルを、TR-100SMのパイプ取り付け部分よりも1cmほど大きく切る。
  4. アルミホイルの上側を四角形に切り、換気口にする。
  5. スーパーX2またはスーパーXゴールドを使い、アルミホイルの換気口に、金属製の網を接着する。羽アリや台風時の水滴が入らないように、網目は細かいほうが良い。
  6. スーパーX2またはスーパーXゴールドを使い、TR-100SMのパイプ取り付け部分にアルミホイルを接着する。
  7. TR-100SMのパイプ取り付け部分の側面に、アルミテープを付ける。アルミホイルをガッチリと固定することと同時に、側面にある穴を塞ぐ。
sarashina_tr_100sm02
  1. 浴室部分の古い外壁を切り開いて処分する。
  2. 断熱材を除いて処分する。
  3. 木材が腐っていたり、妙に黒い部分がある場合は、躊躇せずに完璧に取り除き、新しい木材を入れる。この時に、浴室側の壁を痛めてしまうことが考えられる為、リフォーム業者と検討する。新しい木材を入れる前に、白ありガード系の防虫防腐液を全ての木材に塗る。
  4. 各支柱にドリルで直径2.5cmくらいの穴を設けて、各空間との通気が出来るようにする。穴には、白ありガード系の液を塗る。
  5. ブラシ付きの掃除機を使い、木屑を吸い取る。
  6. 新しい外壁に、TR-100SMを設置する為の穴を設ける。直径は、TR-100SMのパイプ取り付け部分よりも数mm大きくする。
  7. 新しい外壁を設置する。
  8. スーパーX2またはスーパーXゴールドを使い、TR-100SMを壁面に接着する。
  9. TR-100SMの外周と、壁の継ぎ目をコーキングする。
  10. 外壁を塗装する。
内壁と外壁の間にある空間への通気をテーマにしている為、断熱材は入れない。夏型結露が発生することが考えられるが、もし結露が発生しても換気口から湿気は抜けるのでは、と考えている。