朝食や昼食を食べても下痢になる確率は低く、夕食を食べると高い確率で約2時間後に腹痛が無い状態で下痢になるレアな現象がある。健康診断では異常は無く、医師は原因が分からない為、処方箋は発行されない。

夕食を食べると高い確率で下痢になる理由は、朝食や昼食よりも多くの量を食べていることと、小腸がうまく機能していないことが関係している。

この現象がある場合は、多くの量を食べる場合は2度に分ける。1回目と2回目は約1時間空けるようにすれば、下痢にはならない。