画像転載禁止


コーラアップ100G

明治が製造したコーラアップ100Gは美味しい。研究を重ねたことが分かる味と食感になっている。

コーラアップ04

グミ本体はガラスボトルの形をしていて、ヨーロッパのコーラグミの雰囲気がある。

コーラアップ03

オープン価格にしていて、小売店にて180円前後で販売している。スーパーマーケットのトライアルは、2019年に一時的に138円(8%税込み149円)に値下げした。

コーラアップ02

スーパーマーケットのカスミは、2019年にコーラアップ100G、コーラアップスプラッシュ、ジンジャーエールアップを一時的に98円(8%税込み105円)に値下げした。
メモ コーラアップ100Gの姉妹品コーラアップスプラッシュは、ジャリジャリしていてコーラアップよりも甘さがある。
メモ インターネット通販店のロハコが2019年にジンジャーエールアップを105円(8%税込み113円)で販売した。

コーラアップ100Gは小売店にて完売しても棚のスペースは維持していて、数日後には補充がある。菓子の絶対王者という言葉が当てはまる。


ハッピーコーラ

ドイツのハリボーが製造したハッピーコーラも、美味しい。他社商品と比べて触感は少し硬いが、気温が高ければ普通の柔らかさになる。
メモ ハッピーコーラの姉妹品ハッピーコーラレモンフレッシュは、ジャリジャリしていて和菓子のような甘さがある。コーラグミの味ではなくて、不味い。

ハッピーコーラ01

輸入した商社により、定価は230円に設定されている。スーパーマーケットのトライアルは、2019年に一時的に129円(8%税込み139円)に値下げした。


他社商品をコピーすることからスタートしたコーラアップ

1980年に明治製菓が製造した初期のコーラアップは、1977年前後にイギリスの駄菓子屋にて販売していたコーラグミの味を完璧にコピーしていた。
メモ 明治は、初期コーラアップの開発話を美化している。初期コーラアップは硬さも含めてイギリスのコーラグミをコピーしていて、透明トレーとオブラートを付けることで独自性を演出していた。初期コーラアップは平らにしていたことで柔らかさがあったが、2個を合わせて口に入れると、イギリスのコーラグミとほぼ同じ硬さに感じられた。

イギリスのコーラグミは大きなプラスチックボトルに入っていて、価格はグミ1個が1ペンスだった。コーラグミは1970年代のイギリスではマイナーな菓子でスーパーマーケットには入荷しなかった為、駄菓子屋まで買いに行く必要があった。
メモ 情報を求む。1977年前後にイギリスの駄菓子屋にて販売していたコーラグミの商品名とメーカー名が思い出せない。メール投稿フォームは、PC画面の右側に。
メモ イギリスの菓子メーカーのKINGSWAYがコーラグミのCOLA BOTTLESを製造したが、発売年は分からない。また、フランスの菓子メーカーのLUTTIがコーラグミを製造したが、発売年は分からない。


サワーズグミ

ノーベル製菓が製造したサワーズグミのコーラ味は、表面がジャリジャリしているタイプのコーラグミの中では最も完成度が高く、研究を重ねたことが分かる味と食感になっている。


サワーズグミ01

オープン価格にしていて、小売店にて100円前後で販売している。


100円ショップ

2019年に100円ショップのダイソーは、スペインのビダルが製造したサワーコーラボトルズを販売した。

100円 sour cola bottles01

表面がジャリジャリしているタイプのコーラグミが80g入っていて、100円(8%税込み108円)で販売していて安い。しかしコーラグミとは言えない独自の味になっていて、食感はベトベトしている。ハリボーが製造したハッピーコーラレモンフレッシュよりは美味しい。