画像転載禁止


dinosaur_mark01

昭和期に製造された小さな恐竜プラモデルは、どれも安っぽい雰囲気があり、興味がもてなかった。しかし不思議なことに時が経てば昭和レトロとして、楽しめるようになった。組み立てると魅力が失せる為、未開封の状態で見て楽しむようにしている。

dinosaur_kaiyodo01

1980年代後半期には、海洋堂が小さな恐竜のレジンキットを製造した。海洋堂の渋谷第一ギャラリーにて販売されたキットを見て、プラモデルの時代は終わったな、等と考えた。

ところが、ハセガワが1997年に製造した小さな恐竜プラモデルを見て、その出来の良さに驚いた。プテラノドンの腹と太股部分は、柔らかそうな丸みがある。

dinosaur_hasegawa01

ハセガワが製造したプラモデルと、海洋堂が製造したレジンキットは、企画が似ている。販売価格から各恐竜のサイズを決めていて、そして偶然の一致なのか、サイズも同じようにしている。

dinosaur_hasegawa02

ところで、ハセガワが製造したティラノサウルスは、実はティラノサウルスではない。パッケージに掲載されている完成写真を見ての通り、アロサウルスになっている。

aoshima_ancient_monsters01

アオシマ文化教材社が製造した FANTASTIC ADVENTURE シリーズの中に、恐竜メタルキットのエンシェント・モンスターズがある。キットに付いているアンケート葉書の郵便番号は5桁になっていて、1998年以前に製造したことが分かる。

アロサウルスは、高さ6.4cm、デイノニクスは高さ4.2cm、サーベルタイガーは高さ2.6cm、スケールは統一していない。トイストーリーに登場するグリーンアーミーメンのような円形ベースが付いていて、裏側には恐竜の名が彫られている。

aoshima_ancient_monsters02

デイノニクスは羽毛が無い旧解釈版を造形していて、カプコンが2000年に製造したディノクライシス2のヴェロキラプトル設定画に似ている。2作品とも、1991年に出版された DINOSAUR! を参考にしていることが考えられる。