ヤフオクの取引で評価を投稿する順序が、変な状況になっている。落札者による評価の投稿を確認後に、出品者が評価を投稿する駆け引き派が、現在では圧倒的多数になっている。しかも、出品者側による駆け引きに乗らないで評価をしないでいると、出品者側から「評価が確認できません」というクレームがある。

評価が必要ならば、出品者が先に評価を投稿をすること。
  • 一般的な店では、販売者が購入者に「ありがとうございます」をする。その後、購入者が返答や会釈や聞き流しをする。購入者が販売者よりも先に「ありがとうございます」をすることは、まずない。
  • 配送がある取引では、最初に全手続きを終えるのは出品者側であり、落札者側は、品物を受け取るのは発送から数日後になる。落札者からの「ありがとうございました」の評価を確認後に、出品者が「ありがとうございました」の評価をする順序では、流れが不自然になる。出品者は発送と同時に、「本日発送しました ありがとうございました」の評価をすれば、駆け引きを感じさせない自然な流れになる。
  • ヤフオクのガイドラインでは、代金の受け取りと商品の発送が完了したら、できるだけ早く評価してくださいとある。
kitkat_600

ところで、上記の駆け引きをする出品者による評価文は、「品物が届いたようで安心しました ありがとうございました」が定番になっているが、言葉の使い方が間違っている。落札者は届いていることを評価や取引ナビから伝えている為、それに対して「届いたようで」と言う返答では、落札者の言葉を信用していないことになる。シンプルに「ありがとうございました」で良い。